軟水器で水道水を軟水に。軟水器の情報&軟水器の販売サイト。
お風呂
 
●軟水器の構造と再生
●必ずお読みください
●よくあるご質問
●軟水と皮膚炎

ホームメディア掲載情報

ニュース
セラピストbeauty  

  上関  
「セラピストBeauty VOL.06──オーガニック&ナチュラルコスメのプロになる」に「Soft Water Book」の著者・上関久美子さんの「成分から化粧品を見極めよう」という記事が載りました。化粧品の全成分表示をみて、それがどんな化粧品か自分自身で判断できるようになります。(09.05.01)
  上関

 

ページの上部に戻る▲



BBCニュース

 

イギリスBBCの「Health」(Page last updated at 01:18 GMT, Sunday, 11 January 2009)に掲載された記事です。日本語訳を画像の下に載せました。大きな画像でもご覧になれます。下の画像をクリックしてください。(09.02.08)

 

  BBCニュースHealth   BBCニュースHealth


 

BBCニュースの日本語訳

Water softener eczema relief hope

軟水器:アトピー性皮膚炎に希望
 

Scientists are investigating if installing a home water softener can relieve children's eczema symptoms.  (科学者が家庭用軟水器による小児アトピー性皮膚炎の症状緩和を調査中)
  (英国の)保健省が支援するこの研究は、硬度の違った水が肌の「乾燥」や「かゆみ」などのトラブルに、どう影響するかを調査している。
以前から「アトピー性皮膚炎患者は硬水地域に多い」という報告はあるが、その原因は解明されていない。
検査に参加したある子供の母親は「息子の肌の調子は “劇的に改善した”」と報告している。
英国では全体の20%の子どもが小児アトピー性皮膚炎に悩まされている。
症状がでやすいのは「顔、首、肘の内側、膝、足首」。
乳児では「おでこ、頬、前腕、脚、頭皮、首」が多い。
 
Wristband monitor  (臨床検査)
  2007年に始まった臨床検査は、生後6か月から16歳までの、さまざまな症状のアトピー性皮膚炎患者を対象に、今年の夏まで行なわれる。
検査センターは、ポーツマス、ボストン、リンカーン、ノッティンガム、レイチェスター、ケンブリッジ、ワイト島ニューポート、ロンドンの8都市に置かれている。
すでに230人以上がモニターとして検査に参加。さらに80人を募集している。
被験者、またその親には、毎日の症状の記録を依頼。就寝中に、どれだけ体を掻いているかを記録するコンピュータ搭載のリストバンドもつける。
各家庭には、まず12週間、軟水器を設置。続く4週間は軟水器を取り外し、症状に違いが出るかどうかを調査する。被験者は、検査中も通常行なっているアトピー性皮膚炎の治療を続ける。
 
Mother's anxiety  (母親の悩み)
  ポーツマス在住のアンマリー・クロフォード=フラナガンさんの息子ディランくん(1歳3か月)はモニターを終えたばかり。はじめて皮膚炎の症状がでたのは生後3か月のころ。以来、症状は悪化していった。
「数か月後には皮膚がふくれあがるほどひどいアトピー性皮膚炎になりました。」
アンマリーさんは、ディランくんが自分の体を掻くのを避けるため、毎日、体に薬を塗り、湿らせた専用タイツと長袖タートルネックの服を着せ、手袋をつけさせ、その上から普通の乾いた服を着せていた。
服を着せる前には、毎晩、皮膚を柔らかくするオイルの風呂に入れることも欠かさなかった。
「息子の肌は血が滲んで、着替えをさせるのも心が痛むほどでした。服を脱がせると体を掻きむしっていました」
「毎晩、体が痒くて痒くて、1時間以上続けて眠れませんでした」
「10種類以上もの塗り薬を試し、私はもう途方に暮れていたのです」
しかし、軟水器を使い始めて短時間で、しかもかなりの効果が現れた。
「軟水器を設置してから2週間もたたないうちに、症状は驚くほど改善されました。いまでは痕がほんの少し見えるくらいです」
「まったく別の子供のようです。」
軟水器の使用を中止すると、すぐにディランくんの皮膚炎が再発したため、アンマリーは軟水器を購入した。
「夜は一晩中寝るようになったし、特別な下着を着せる必要もありません。いまはごく普通の下着を着ています。」
 
Potential breakthrough  (大発見の可能性)
  今回の調査に専門家として協力しているポーツマス大学ターラ・ディーン教授は、「軟水器がアトピー性皮膚炎の症状を緩和すると証明されれば、患者にとっても医者にとっても大発見となるだろう」とコメントしている。
また、「英国皮膚炎患者団体(National Eczema Society)」の最高経営責任者であるマーガレット・コックス氏は、「患者の家族にお勧めできるよう『軟水によって症状が緩和できる』と証明されることに期待しています」「個人レベルでは、これまでにも多くの人から、軟水、また軟水化された水は効果があるという報告を受けています」と述べている。
コックス女史はまた、軟水で肌を洗うと、皮膚炎で痛んだ肌にとって刺激の強い石鹸やボディソープの量も減らせる、と話している。

当記事の翻訳著作権は径書房にあります。営利目的での無断引用はなさらないでください。

 

ページの上部に戻る▲




日経新聞

 

東京農工大学の松田教授の研究報告も載っています。大きな画像でもご覧になれます。下の画像をクリックしてください。(08.03.10)

 

 ●松田教授の研究結果抜粋

  アレルギーの研究を専門とする東京農工大学の松田浩珍教授のチームがこの超軟水と水道水を使い、皮膚炎発症マウスをせっけんで洗うと、超軟水のほうが皮膚の水分喪失量が明らかに少なかった。角層を壊した人の皮膚の実験でも同様の結果が出た。……松田教授も当初は効果を疑っていた。だが今では「水の硬度が皮膚のバリアー機能に影響しているのは間違いない」と見ている。(日本経済新聞 2008年4月12日)  

 

  日経新聞

 

ページの上部に戻る▲



セラピスト

 

大きな画像でもご覧になれます。下の画像をクリックしてください。(08.03.10)

 

  セラピスト   セラピスト

 

ページの上部に戻る▲



毎日新聞

 

毎日新聞の記事です。大きな画像でもご覧になれます。下の画像をクリックしてください。(07.10.14)

 

  毎日新聞

 

ページの上部に戻る▲



ファミリー

 

「ファミリー The Family」は発行部数50万部。『Soft Water Book』の著者・上関久美子さんが、軟水との出会い、そして日本初の軟水専門サイトを立ち上げた経緯、軟水の効果について話しています。大きな画像でもご覧になれます。下の画像をクリックしてください。(07.10.14)

 

  family

 

ページの上部に戻る▲



朝日新聞

 

朝日新聞 2007年2月2日朝刊に「Soft Water Book」の著者・上関久美子さんのインタビュー記事が載りました。大きな画像でもご覧になれます。下の画像をクリックしてください。(06.12.08)

 

  朝日新聞

 

朝日新聞の記事の内容 (一部)

(1) 日本水道協会・西野水質課長の談話……硬度が高いと石けんが泡立たない。石けんの洗浄成分の脂肪酸が硬度成分と結合、不溶性のカス (石けんカス) になり洗浄力がおちる。
(2) 滋賀県米原市 (浄水場に軟水装置を設置した) 水道課の話……洗浄便座 (ウォシュレット) や風呂用ボイラーが壊れるという苦情があったので設置。硬度成分は熱を加えると固まる。
(3) 軟水銭湯・神徳温泉の店長の話……しっとりつるつる美肌の湯。カビや汚れの原因になる石けんカスが発生せず、掃除が格段に楽になった。
(4) 上関久美子の話……つるつるの正体は、石けんのなかの脂肪酸。軟水だと脂肪酸が結合しない (結合したものが石けんカス)。だからつるつるになる。
  ……うーん、ちょっとむずかしくて、わかりにくいですねえ。
ようするに、軟水にすると石けんカスが発生しないので、
泡立ちが良くなる。
汚れ落ちが良くなる。
風呂場などが汚れない。
肌がしっとりつるつるになる。

ってことですね。

ページの上部に戻る▲



生活クラブ

 

生活クラブの新聞「本の花束」2006年12月配達号 に上関久美子さんの本「Soft Water Book」の記事が載りました。大きな画像でもご覧になれます。下の画像をクリックしてください。(06.12.08)

 

  生活クラブ

 

ページの上部に戻る▲



NHK

 

NHKで快適軟水生活が主催した「Soft Water Book」の著者上関さんの軟水セミナーが紹介されました。NHKのサイトはこちらから。(06.11.01)

ページの上部に戻る▲



aromatopia

 

化粧品の研究者が多く読んでいるフレグランスジャーナルの雑誌「aromatopia」78号 に「軟水体験セミナー」の記事が載りました。大きな画像でもご覧になれます。下の画像をクリックしてください。(06.09.27)

 

  フレグランスジャーナル   フレグランスジャーナル

 

ページの上部に戻る▲



ソトコト

 

「ロハス」や「スローフード」などの言葉を流行らせた雑誌「ソトコト」2006年8月号No.86で快適軟水生活が紹介されました。軟水の母・上関さんの気合いの入ったメイク顔と、径・原田のフケ顔をご笑覧ください。原田・実物はもっと若々しいと本人は思っているのですが……。 大きな画像でもご覧になれます。下の画像をクリックしてください。(06.07.07)

 

  ソトコト   ソトコト   ソトコト

 

ページの上部に戻る▲



ninas

 

結婚しても、ママになっても、オシャレでいたいという女の子向け雑誌「nina's」2006年 vol.3に「Soft Water Book」の著者・上関久美子さんのインタビュー記事が載りました。 大きな画像でもご覧になれます。下の画像をクリックしてください。(06.07.07)

 

  ニナーズ   ニナーズ

 

ページの上部に戻る▲